中性脂肪が気になる人は青魚

青魚は、昔から日本人の食生活に欠かせない食品です。
現在では、中性脂肪を下げてくれる食品としてのメリットの方が注目を集めているようです。

 

イワシ、サンマ、アジ、サバなどの青魚に含まれているEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)などの不飽和脂肪酸には、血液が固まるのを防ぎ、サラサラにする働きがあります。
カレイやタイなどの白身魚は、脂肪が少なくサッパリめですが、中性脂肪が気になる人は、イワシやサンマなどを積極的に摂ると良いでしょう。

 

ただ、干物は塩分が多く、新鮮でないものは酸化に要注意です。青魚は生のほか、煮付けなどにするのがオススメです。

抗酸化力のある成分との組み合わせがポイント

中性脂肪を減らすなど、健康効果が評判になる一方、EPAやDHAは、酸化しやすい性質があり、単独で摂取しても効果薄です。
厚生労働省の『日本人の食事摂取基準』では、EPA及びDHAは1日1g以上の摂取を勧めていますが、これも損失分を考慮してのことなのでしょう。

 

したがって、青魚の健康成分を効率よく摂るには、野菜で抗酸化力のある成分を合わせて摂るのが効果的です。
例えば、サンマに大根おろしは、理想の組み合わせです。抗酸化力のあるビタミンCとの組み合わせだからです。
「組み合わせ」を考えたとき、たとえばゴマに含まれるポリフェノール(セサミン)なども抗酸化力で知られていますから、ゴマとの組み合わせもよいでしょう。実際に大手の食品メーカー製の、セサミンとDHA・EPAを組み合わせたサプリメントは売上げナンバーワンをキープしています。詳細はこちら⇒クリック!

 

また、大豆に含まれる大豆サポニンには、EPAの酸化を防ぐ働きがあるので、青魚と一緒に摂るのが効果的です。
大豆サポニン自体、中性脂肪を減らし善玉コレステロールを増やす働きがあるので、豆腐でも納豆でも、大豆製品も毎日でも取りたい食品です。

 

結局、サンマ、豆腐など、中性脂肪の減少に効果的なのは、和の食材が中心です。
EPA・DHAベースの食事療法は、日本人にはなじみやすいと言えます。ただ、青魚が嫌いという人も中に入るので、サプリで補うのもアリでしょう。

青魚のサラサラ成分を効果的に摂るには

毎日毎日お刺身はムリ、という方のために。
青魚のサラサラ成分DHA・EPAの効率のよい摂り方はやっぱりサプリメントです。
ただ、青魚のサラサラ成分は酸化によって劣化しやすいのでサプリ選びの時にはその酸化対策がきちんとされているかがポイント。
さらに「余分な成分・添加物」が入っていないか、原材料の品質は確かか、なども重要。
そういったポイントから選んだ青魚サプリランキング一覧表がこちらです。

 クリック!