青魚アレルギーの症状はけっこうツライ…

青魚を食べて、アレルギー症状を起こす人がいます。
中でも、消費量がずば抜けて多いからか、サバが主要なアレルゲンとして取りざたされることは多いようです。

 

アレルギー症状は、じんましん、赤み、まぶたの腫れ、下痢、嘔吐などです。
しかも、青魚によるアレルギーは、年齢が高くなるほど多くみられる傾向があります。

 

また、アレルギーとよく似た症状に、ヒスタミン食中毒があります。
これは、サバなどの青魚に含まれる遊離ヒスチジンという成分が、古くなって、細菌の働きでヒスタミンに変化することが原因で起こります。
ヒスタミンは、花粉症を引き起こす原因物質としても有名で、じんましんを引き起こすなど、症状からして、判別が非常に難しいのです。

火を通しても安心できない青魚アレルギー

ヒスタミンは、過熱しても壊れにくい性質があります。
したがって、少々傷んでいるようだけど、火を通せば大丈夫などとは、ゆめゆめ考えないことです。
保存するなら冷蔵庫に、より確実には冷凍保存することとし、青魚は鮮度の高いうちに食すのが唯一の予防策となります。

 

じんましんや嘔吐などの症状が現れて、病院へ駆け込んだところが、ヒスタミン食中毒と診断されることは、ままあることです。
健康な人が少量ヒスタミンを取り込んでも問題なしですが、体質的に不安がある向きは、古くなった魚には口をつけないのが賢明です。

 

さらに、消化能力が未発達な乳幼児に、青魚を食べさせるのは避けた方が良いでしょう。アレルゲンとなるたんぱく質が、十分分解されずに体内へ吸収され、アレルギー症状を引き起こすリスクを高めます。子どもは概して魚が嫌いなものですが、もしかしたら本能的に、危険物を察知しているのかもしれません。

青魚のサラサラ成分を効果的に摂るには

毎日毎日お刺身はムリ、という方のために。
青魚のサラサラ成分DHA・EPAの効率のよい摂り方はやっぱりサプリメントです。
ただ、青魚のサラサラ成分は酸化によって劣化しやすいのでサプリ選びの時にはその酸化対策がきちんとされているかがポイント。
さらに「余分な成分・添加物」が入っていないか、原材料の品質は確かか、なども重要。
そういったポイントから選んだ青魚サプリランキング一覧表がこちらです。

 クリック!