青魚ダイエットは以外と無理がない?

食品を集中的に食べるだけのダイエットは、とかく弊害が多いのですが、青魚を使う方法は、無理がないと言えます。
むしろ栄養バランスが整い、血液サラサラを効果的に推進していきます。

 

その方法とは、朝・昼・晩のいつでもよいので、1日1回の食事で、イワシやサンマなどの青魚を必ず食べるというものです。
それ以外は普通の食事で構わないという、何ともゆるいダイエット方法です。

 

青魚ダイエットのポイントは、ヒスチジンを豊富に摂れることです。
ヒスチジンは脳内でヒスタミンに変化し、脳の満腹中枢を刺激するので、食事量が自然に減るという仕組みです。

 

ヒスタミンというと、かゆみや鼻づまりなど、アレルギーの原因物質として有名ですが、青魚のヒスチジンは、脳内に入って初めてヒスタミンに変わるので問題なしです。ヒスチジン以外に、EPAやDHAなどの血液サラサラ成分も豊富で、中性脂肪を減らすなど、やはりダイエットにつながります。

塩焼きや干物は塩分の摂りすぎに注意

以前、NHKの『ためしてガッテン』という番組で、ヒスチジンの摂取で半年で40sもダイエットできた体験談が紹介されていました。
これは、肥満治療の研究過程で、ヒスチジンが効果的だと発見されたことを踏まえたもので、一般レベルでは、イワシやサンマを毎日のように食べて、ヒスチジンを十分に摂るのが、ダイエットに効果的ということです。

 

青魚には、アジ、イワシ、サンマ、サバなどがありますが、種類は問いません。
調理方法も自由で、好みの魚を好みの料理でいただくのがベストです。

 

ただ、塩焼きや干物は、塩分の取り過ぎに要注意です。
時には煮付けにするなどして、塩分過多にならないよう注意すれば、体重の適正化に役立つことでしょう。

青魚のサラサラ成分を効果的に摂るには

毎日毎日お刺身はムリ、という方のために。
青魚のサラサラ成分DHA・EPAの効率のよい摂り方はやっぱりサプリメントです。
ただ、青魚のサラサラ成分は酸化によって劣化しやすいのでサプリ選びの時にはその酸化対策がきちんとされているかがポイント。
さらに「余分な成分・添加物」が入っていないか、原材料の品質は確かか、なども重要。
そういったポイントから選んだ青魚サプリランキング一覧表がこちらです。

 クリック!