青魚の健康成分の特徴は「サラサラ」

イワシやサバなどの青魚は、古くから日本人の食を支えてきたのであり、まぎれもなく海の恵みです。
現在では、青魚の健康成分が、次々と明らかになり、見直されるようになっています。

 

青魚の健康成分は、ビタミンやミネラルなどもそうですが、特有の成分には、EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)が両横綱として挙げられます。
どちらもn-3系脂肪酸に分類される不飽和脂肪酸で、常温でも固まりにくく、サラサラしています。

 

青魚の健康成分発見の功労者は日本人、ではなく北極圏のエスキモーです。
当地では野菜摂取が0に近いのに、肥満や生活習慣病がほとんどないというパラドックスがあります。
その秘密が、EPAとDHAにあることが明らかになり、その供給源が主食のアザラシなどの海獣、究極的にはその被捕食者たる青魚が根本にあるということで、青魚の健康成分はエスキモーの健康を支え続けてきたと言えます。

成分摂取効率でいえば、やっぱりお刺身?

サバの味噌煮など、青魚は冷めてもそれなりにおいしいのですが、それも魚の脂肪によるところ大です。
肉のギトギト脂と違い、魚の脂肪は常温でもサラリとして、冷めても風味は損なわれません。

 

EPAもDHAも、生活習慣病を予防する、健康成分として評判になっていますが、EPAは血管の健康維持に、DHAは脳の健康維持に、それぞれ強みがあります。
教育学者の斎藤孝先生は受験生時代、青魚をよく食べていたそうですが、現在に至る活躍ぶりは、DHA効果のたまものかもしれません。

 

厚生労働省の『日本人の食事摂取基準』によると、青魚の健康成分すなわちEPA・DHAの摂取の目安は、1日1g以上です。
青魚なら約100gに相当し、煮ても焼いてもよいのですが、成分が汁にしみ出したりするので、成分摂取効率からいえばお刺身がよいかもしれません。

青魚のサラサラ成分を効果的に摂るには

毎日毎日お刺身はムリ、という方のために。
青魚のサラサラ成分DHA・EPAの効率のよい摂り方はやっぱりサプリメントです。
ただ、青魚のサラサラ成分は酸化によって劣化しやすいのでサプリ選びの時にはその酸化対策がきちんとされているかがポイント。
さらに「余分な成分・添加物」が入っていないか、原材料の品質は確かか、なども重要。
そういったポイントから選んだ青魚サプリランキング一覧表がこちらです。

 クリック!